演出・振付:永恵春芳 / 脚本:三浦克也 / 音楽:大澤紀彰

「芝居なんてのはただの絵空事、絵空事に真実などありはしない」


所はスペイン・アンダルシア地方のある町の娼館。
夢を追うことに疲れ、生きることに疲れた人々が集う娼館。
自棄糞に『金こそが人生』『金こそが真実』と苦しみの中に喚ぐ民衆。
露骨に踊り子が舞い踊り、男達の歓声が飛ぶ。
そんな中、主人公のミゲール・デ・セルバンテスがサンザと共に入ってくる。
彼はかつて国王のお気に入りでありながら、今はお尋ね者。
理想と現実を謳い文句に、
人生の中における真実を問うことで追われる身となった彼を、
娼館の連中は馬鹿にし笑い者にする。

『芝居なんてのはただの絵空事。絵空事に真実などありはしない』

そんな連中を相手にセルバンテスは国王から追放を受け、
更には貴族から憎まれ訴えられる原因ともなった『ドン・キホーテの物語』を演じる。
たちまち娼館が一変して芝居の舞台に。
果たして芝居に真実はあるのか!?

キャスト



セルバンテス(ドン・キホーテ)………三浦克也
サンザ(サンチョ・パンサ)…………… 多賀三剛
カルデーニオ(カラスコ)……………… 奥住昌敏
ジョアン(アルドンサ)………………… 宮下美和
大岩かおり
ペドロ(偽騎士・大魔王ルシフェル)…大江尚毅
宿屋の主人(アーマンド)……………進の助
女房(トローザ)……………………… 畑ヶ山友美子
元神父(神父)………………………松田真一
ビアンカ(アントニア)……………… PON
尾島佐知子
芸人(ロシナンテ)……………………権藤あかね
ペドロの子分(鏡の騎士・役人)……吉澤勇人
                   村上潤
                     真田孝平
踊り子(魔女・安宿の女主人)……市村敬恵子
池田敏子
踊り子(魔女)……………………中谷真希枝 荻美沙樹 江籠瑞
松浦麻衣 吉岡裕子 谷合あずさ
結城しおり
*初演時キャスト