脚本:佐藤万里・三浦克也 / 演出:三浦克也 / 音楽:大澤紀彰

あの時、こうしたら、そんなこと言わなければ…
人生、やり直しも取り返しも出来ないけど、自分の過去を「見る」事は出来る

とある日のとある駅。
仕事にも家庭にも生きる意味を見出せず、家に帰りたくなくて、
缶ビール片手に駅のベンチで次々に来る電車を見送っているサラリーマン川口陽一。

そのとき、
「ずっと待ってたんだよ、おじさん」
と彼に声をかけてきたのは、
「狭間の世界からきた」というサクラと名乗る少女と一郎ちゃんという不思議な二人組…。
困惑する川口だったが、「“幸せだったあの頃”へ…」と彼女たちに誘われ、
次々と自分の過去を見せられる。




 

妻、娘とは、いつ頃からすれ違ってしまったのか
…いつボタンを掛け違えてしまったのか…
 あの時こうしたら、そんなこと言わなければ…

一つの出来事にも、相手は全く違う思いを抱いている事が多々あると言うことに気付く川口。
やり直したいという願いが湧いて来るが、やり直したところで「今」は同じ。

この世に未練を残した人間は、狭間の世界で漂う。
 狭間の世界の住人は「誰かの『死』を思い留まらせれば、生まれ変わる事が出来る」という。

一方、駅で倒れ狭間の住人のひとりとなった“うらぶれ”は、駅から離れられずにいる。
家族への未練が強いうらぶれは、川口とは対照的に「帰りたい」と願うが、それを実行する術はない。
話を聞き、川口はうらぶれの家に向かうが、うらぶれは家族と再会できるのか…?

そんな川口の姿を見ていたサクラは、彼女自身の過去を思い出していく。
お父さんのこと、お義母さんのこと…後悔した所で、サクラはどうすることも出来ない。

サクラと一郎ちゃんは何故、狭間の世界の住人になったのか?
一郎ちゃんが隠してる、サクラにすら語らない「過去」とは?
サクラと一郎ちゃんは、川口を思い留まらせることが出来るのか?

人生はやり直しも取り返しもつかないけれど、過去を見つめ直すことは出来る。
見つめ直し、思い直すことは出来る!
そして思い直せば、たとえ「今」が変わらないとしても「未来」の中で何かが変わるかもしれない…
「今」に生かすことが出来たなら「未来」はいくらでも変えていける。
明日の姿は、どんな風にも描くことが出来る!!

果たして、川口の「これから」の姿は…

キャスト





川口陽一………………夏 夕介
サクラ……………………中谷真希枝
一郎ちゃん………………奥住昌敏
影…………………………宮下美和
うらぶれ…………………村上潤
今泉陽介
川口裕子…………………畑ヶ山友美子
市村敬恵子
川口桃子…………………貴絵
田口真衣
若き日の川口……………中島誠
幼き桃子…………………佐藤典利子
理恵子/うらぶれ妻……寿美
日向美穂
幸子/うらぶれ娘………田中麻里亜
柳井千草
うらぶれ息子……………鈴木修平
部長………………………星竜介
加藤靖也
街の人……………………國井裕太
               日向美穂 寿美
               柳井千草 田中麻里亜
               加藤靖也 星竜介

※初演時キャスト